AGAの原因は?薄毛になる仕組みを知ってAGAを予防しよう

男性ホルモンが関係する脱毛症

今まで1度でも薄毛を気にした男性であれば、「AGA」という文字を目にしたことがあるのではないでしょうか。AGAは「男性型脱毛症」とも言われるもので、文字通り男性に起こる脱毛症です。男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、ヘアサイクルを乱して徐々に薄毛が進行していきます。ジヒドロテストステロンは元々、テストステロンという男性ホルモンとして作られます。このテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくと、より強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンへと変化するのです。ジヒドロテストステロンは毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合し、ヘアサイクルを乱して抜け毛を進行させていくというのがAGAの仕組みです。

近年注目を集める遺伝子検査

AGAを招くジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼの活性度が高いとどんどん作られていきます。5αリダクターゼの活性度合いは遺伝で左右されるようです。5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝ということもあり、父親か母親どちらからその遺伝子を引き継いでしまいAGAになりやすい体質になってしまうと言われています。自分が遺伝的にAGAになりやすいかチェックできれば、AGAの予防に繋がるでしょう。近年、注目を集めているのが「AGAリスク遺伝子検査」です。AGAリスク遺伝子検査を受けることで将来、AGAを発症するリスクがあるのか、もし治療となった場合に効く薬はどれかなどを知ることができます。検査といっても少量の髪を採取するだけですので、AGAリスクが知りたい方はAGAリスク遺伝子検査を検討してみてはいかがでしょう。