AGAの治療法は?治療薬は?

AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを阻害する

AGAの治療法としては、原因とされる5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する治療薬を使用することです。日本皮膚科学会において、薄毛治療に有効と評価されている治療薬には、「プロペシア」「リアップ」「ザガーロ」があります。プロペシアには2型5αリダクターゼを阻害する働きがあり、ザガーロには1型と2型の両方の5αリダクターゼを阻害する働きがあると言われています。リアップは、血管を拡張し血行をよくする作用があると言われ、AGA治療薬としてよく使用されています。リアップは薬剤師のアドバイスを受け、薬局でも購入できますが、より適切な治療をするには皮膚科やAGAを専門に治療している病院に行って診察を受け、治療を進めることをおすすめします。

日常生活を見直してAGAを改善

生活習慣はAGAが進行する要因となります。そのため、生活習慣を改善することも、AGAの重要な治療法です。AGAを進行させる要因の一つがストレスです。ストレスは血行不良の原因となります。髪の成長に必要な栄養素が行き届かないと、AGAを進行させてしまいます。さらに睡眠不足や運動不足も血行不良の原因となるので、しっかり睡眠を取ることと、日常生活の中でできるだけ体を動かすことが必要です。スポーツジムに行く時間がなければ、通勤の際に一駅手前で降りて歩いたり、お昼休憩のときにストレッチをしたりして、体を動かす習慣をつけましょう。運動をするほか、早寝早起きをして、規則正しい生活を心がけることで、治療薬の効果も高まると言われています。