生活習慣の乱れもAGAの原因に!育毛によい生活習慣とは?

栄養不足に気を付けよう

AGAは遺伝的なものが関係して起こる男性の脱毛症と言われていますが、生活習慣が乱れてしまうとAGAのように髪が細くなったり、抜けやすくなるといった症状が起こりやすくなります。大切な髪をキープするためにも、育毛に良い生活習慣をチェックしてみましょう。健康な髪を育てるにはまず、髪を作る元となる栄養素をしっかり補うことが重要です。髪の主成分であるケラチンは、タンパク質から作られます。食事で摂ったタンパク質をケラチンへと変えるには、亜鉛というミネラルが必要です。さらに頭皮の状態を整えるためにもビタミンAやビオチンと言ったビタミン類も欠かせません。毎日、コンビニのお弁当や外食で食事を済ませてしまうと、栄養のバランスが偏り結果、髪にも悪い影響が出てきます。できるだけ、栄養バランスの良い食事をするよう心がけましょう。

ストレスやタバコにも注意が必要

健康な髪を作るには、土台となる頭皮の健康も維持しなければいけません。髪を作るために必要な栄養素を毛根にまで運んでいるのは血液です。頭皮の血行が良い状態をキープできれば、しっかりと毛根に必要な栄養素が行き渡り、健康な髪を作りやすい状態となります。ただし、血流の流れが悪くなり、それに伴い頭皮環境も悪化してしまうと髪にも悪い影響が出てしまうでしょう。頭皮環境を悪化させ、血行も悪くしてしまうのは過度なストレスと言われています。ストレスを感じると毛細血管が収縮し、血液の流れが悪くなってしまうためです。育毛に良い生活習慣を考えるのであれば、ストレスを溜めない・発散させることが大切です。また、ストレス同様に血行を悪くするタバコも、髪のことを考えるのであれば止めた方が良いかもしれません。